2015年01月26日

糖質制限ダイエットを実践した体調の変化は?

ぐーするです。

実際に糖質制限を実践する中で、一番気になる体調の変化はどうだったか?という話をします。

僕が実践した中で、体調の大きな変化はありませんでした。

ただ、最初の1週間は、頭がぼーっとする、少しフラフラするという変化はありましたが、それを過ぎるとむしろ体が軽くなったというか、体調が随分楽になりました。

後はずっとそれが続いたという感じです。

よく言われるのが、体臭が臭くなる、糖質が足りないことで、思考能力や、やる気が無くなるということですが、僕に関してはそれは無かったですね。

むしろ、暴飲暴食時代のほうがその状態が多かったと思います。

結果的に体調を崩すこともなく、むしろ快調のままダイエットに成功できたわけですが、これはあくまで僕の実践結果なので、全ての人には当てはまらないでしょう。

気になる便秘にに関してですが、炭水化物をとらないからって、便秘になるということも特にありませんでした。

それは、発酵食品を積極的にとっていた、ということもあると思いますが、そのことについてはまた別の記事に書きます。

あと、気になるのは、筋力の衰え。

実は私はもともと体を鍛えていた過去があって、比較的筋肉質。とうことで、特に筋力が低下したとか、体力が落ちたという変化もありません。

もちろん肉を食べずに野菜ばかりを食べていたら変化があったと思いますが、この糖質制限によって悪い変化は特になかったんです。

現在2015年の1月ですが、トータル的に10キロは痩せていると思います。

最近は普通に炭水化物も食べて通常の食生活をしていますが、体重は減ることも増えることもありません。

安定してます。

無事にダイエットを終えて、思ったような成果になったわけですが、僕が次に着目したのは、さらなる健康を手にいれることです。

それは肉体面だけでなく、精神的にもということで、何を実践しようか考えました。

結果、ファスティング(断食)です。これは、過剰なダイエットというイメージですが、違います。

ファスティングの本当の目的は、デトックスです。

つまりは体から毒を出して、内臓をキレイにすることによって、精神も肉体も健全な状態にすること。

これに興味を持ち始めました。

これに関する記事はまた次の機会にしますね^^
posted by ぐーする at 21:27| Comment(0) | 健康実践 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。