2015年01月26日

若さを保ちたいなら食べるな!ということの本当の理由

ぐーするです。

毎日お酒を飲んで暴飲暴食を繰り返していたことは今考えるとぞっとします。

暴飲暴食によって、内臓に常に負担をかけ続けるということは、人は老化の一途をたどっていくということを意味します。

人間には体内酵素というものがあります。

体内酵素というのはざっくり言うと、生命エネルギーのようなもので、活動によってそれを消費しながら人間は生命を維持していくわけです。

言うまでもなく、この体内酵素が無くなった時こそ人が死ぬ時。

いわゆるドラクエで言うとHPのようなものですね(わからない人はごめんなさい笑)

人が食事をすればそれらの消化のために体内酵素を負担して活動をします。もちろん、消化に悪い物ばかりを食べたり、食べ過ぎ、飲み過ぎか続けば、体内酵素を多く負担することになります。

まさに過去の自分がその状態。

体内酵素を無駄に使い続ける人は、その分老化を早めることになるということはすでに理解してもらっていると思います。

人のこういった活動によって、年齢と共に

疲れやすくなった
目が見えなくなってきた
物忘れが激しくなってきた

などの年齢を重ねるごとに起こる症状は、まさに酵素が不足してきたことのサイン。

幸いなことに僕はそういった症状はまだないんですが、この酵素不足をどうやって補うのか??という疑問があると思います。

まさに若返りをするには?そんな方法はあるのか?と思う人もいるでしょう。

その方法こそがファスティング(断食)なんです。

つまりは、断食によって内臓を休ませることによって、毒を排出し腸を最高の状態にし、健康と若返りをもたらすということです。

ご理解してもらえましたか?

これぞ究極の健康法とアンチエイジング対策ということですね。

では、さらに何で若返りにそんなに効果があるのか?というお話を次回の記事に書きますね^^





ほうれい線を消すクリーム
posted by ぐーする at 21:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。